安定した職業

薬剤師求人の現状は、この就職氷河期、不況期の中では、かなり良い状況と言えるでしょう。街の求人広告には、必ず言っていいほど、薬剤師の求人があります。ですから、薬剤師求人の現状は、非常に良いものである、と言って良いでしょう。そもそも、薬科大学を卒業して、国家試験にも合格する必要のある薬剤師は、かなりの資格であると言えます。ですから、当然のことながら、かなり給料も良いです。大学にかかった費用を考えると高いという意見もありますが、大学に高い費用をかけたからと言って、必ず向かわれるとは限りません。その点から考えて見ると、薬剤師と言う職業は非常に報われていると言っても過言ではないでしょう。もちろん、薬科大学にいる間の勉強、そしてその後の国家試験の勉強と言う並々ならぬ努力をしたからこそ、薬剤師と言う地位にあるわけです。在学中に努力を怠れば、当然ながら国家試験には合格できません。つまり、本人の努力が重要であることは言うまでもありません。薬剤師求人の現状は、しばらくはこのまま推移することでしょう。特に規制緩和をされることもないです。コンビニで薬を売る、と言うことになりましたが、あくまで処方箋のいらない薬に限ってで、しかもさらに細かい制限があります。ですから、しばらくは、薬剤師の仕事は専業となっている現状と特に変わることはないでしょう。高齢化で病人も増えるでしょうから、医療に対する求人も減ることはありません。かなり安定した職業と言えるでしょう。