病院または調剤薬局など

一般的に薬剤師求人の現状は、病院または調剤薬局かドラッグストアでの求人が最も需要が多いです。大学の教職や当然のことながら、製薬会社の求人も少なく、特に大企業の製薬会社からの薬剤師求人の現状は極めて狭き門となっています。 薬剤師としては大企業の製薬会社に勤務したいと希望されている方が多いのが実情ですが、同時に現状は厳しく多くが調剤薬局や病院に勤務する道が一般的と言えます。 病院勤務は概して給与が薬剤師としては最も低い部類に入ります。しかし、薬剤師としてのスキルを磨く上では良い環境にあると言えますので自己研磨を目指す方にはおすすめです。 調剤薬局は病院以上に医薬品の種類も豊富でなおかつ患者さんに対する服薬指導が重要となってきますので、コミュニケーション能力も必要となります。 病院勤務も調剤薬局も薬剤師としての給与としては高くない部類に入りますが、これも勤務する地域によって変わってきます。都市部で病院や薬局が多いところでは給与はそれほど高くはありませんが、過疎地で病院や薬局の少ないところでは薬剤師の需要も高くそれゆえ給与も驚くほど高額な場合もあります。勤務地に拘りがなく、給与面を重視しつつ調剤業務を行いたいと思っている方にはそういう道もあります。 薬剤師求人の現状として、割合い需要の高い職としてドラッグストア勤務があります。ドラッグストアは調剤業務のみならず、肉体的な労働も行わなければならないので給与は高めです。販売も重要な業務となるためコミュニケーション能力も必要となります。給与重視の方向けと言えます。