健康と美容のブーム

今や健康と美容のブーム、さらにそこにディスカウント競争が入り混じって都市部だけでなく地方にまで拡大的にドラッグストアが出店を進めており、薬剤の販売および病院からの処方箋を受けての薬剤化合が、ホームセンターやスーパーと一線を画す差別化商材・高集客アイテムとして、非常に重要になっている。薬事法で記載されているため、取り扱いには専門資格・取り扱い免許が必要であり、必然的に薬剤師の営業店舗駐在が必要となってくる。このようは背景をバックにして、薬剤師求人の現状は売り手市場となっていたが、近年さらなる規制緩和により大きな変化を迎えようとしている。それは薬剤販売の取扱店舗を大きく増やすものであり、同時に薬剤師の言わば独占市場を瓦解させる大きな変化である。それは、取扱販売の実績経験が1年間蓄積された者に処方箋を伴わない薬剤の販売資格を与える事で、より多くの店舗で販売を可能にすると共に、深夜営業や24時間営業店舗で販売する事で救急病院の負担を軽減させる目的が有った。そのため、薬剤師を必要としない薬剤販売が可能になったため、薬剤師求人の現状は、いまだ売り手市場では有るものの、年月が経てば経つ程に厳しくなるのは確実である。消費者の視点からすれば歓迎される規制緩和では有るが、このような薬剤師求人の現状の厳しい変化は、薬剤師の価値・評価を低める事が懸念される。薬剤師あってこそ処方箋による薬剤化合が為され、個々の症状に有った適切な・適量な薬剤投与がされるので、万が一にでも薬剤師の不足や低評価によるテンションダウンなどにより化合事故を起こす事が無いように業界自主管理が高く求められるところである。