転職活動

薬剤師求人の現状としては、新卒の新規採用が多くなっています。このように薬剤師求人の現状は、新卒の求人が増えています。2006年には薬科大学の4年制から6年制への移行された影響があります。2006年に薬科大学へ入学した方は2010年から2012年以降しか就職ができなくなっています。この2010年から2011年の新卒の薬剤師の数は減少することになり、この間は中途の採用数が多くなりました。そして薬剤師求人の現状としては、新規の採用が増えている状況にあります。その分中途採用は新卒採用の影響を受けていることになります。現状をみると、薬剤師求人は、概ね売り手市場の状況になっています。将来の薬剤師求人は、買手市場に変わるともいわれています。薬科大学の新卒の就職先としては、薬局や病院診療所薬局、企業、ドラッグストア等となっています。薬局に就職する新卒が多くなっていますが、ドラッグストア等への就職も増加しています。このように薬剤師の働く所としては、主に病院の調剤部門や薬局等での業務になっています。一般的に薬剤師の仕事は、他の営業等の業務とは異なっています。また6年制に変わったことによって、薬剤師の質の向上が社会からも求められています。中途採用については厳しい状況になりますが、薬剤師としての経験という強みを生かして、転職活動を行うことが必要です。どこの企業でも優秀な即戦力を求めていることには、変わりはありません。自分のスキル等を活かした転職活動が必要になります。